<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

comment

  • 『D.A.T One Day Dream』2013.08.18 感想
    betico (11/11)
  • 『D.A.T One Day Dream』2013.08.18 感想
    音仔 (10/27)
  • 『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 *I Love Rabbit*』仙台 2012.2.4 感想
    betico (02/27)
  • 『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 *I Love Rabbit*』仙台 2012.2.4 感想
    kota (02/19)

search

other

▼QR code
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2016.02.16 Tuesday 
    • Category:-
    • -
    • -
    • Written by スポンサードリンク

    ゆかりんぶどうかーん☆

    覚えてるところ箇条書きつらつらです。
    後半のセトリは飛んでた記憶しかないので(いつもどおり!)よそさまを参考にしました。


    ★20110415fri 日本武道館★
    ★田村ゆかり LOVE LIVE 2010 SPRING *MaryRose*★




    休みは取っていたのですが会社によらなければならず、
    物販は諦め移動移動でギリギリに到着!
    桜もちょこっと残ってて、お堀にピンクのじゅうたん*
    前回のゆかりん武道館を思い出すなーなんて思いながら入り口へ。

    ちらりとお友達に会ってから席へー。
    初日はスタンド2階南でした。
    遠いけど思いのほか見やすくてよかった☆
    すごい昔からお世話になってるお姉さまと初めてとなりで観覧!
    と思いきや、真後ろに来週DGS一緒に行くお姉さまwすごいぐうぜんw
    思いがけず一緒に見れてわーいでした!

    ステージ。
    レトロなクラブっぽいたたずまい。
    アーチになったモザイクガラス風のがきれいだなーと思ったら、
    始まると光るの!右側にグリーン×パープルのバラのステンドグラス模様。
    左側はクラブの入り口風に「MARY ROSE」の文字とドア。
    天井にはふたっつしゃらしゃらシャンデリア。
    照明やあちこちにグリーンがまきつけてあって。
    セレブっぽいかんじですてきです。前回から大人っぽいねぇ。



    地震時の対応について。
    スーツのおじさまがステージの真ん中へ。
    たぶん、さくっと言ってはけようという感じだったのでしょうが、
    まさかのステージへの注目度。
    1回言った後大拍手。動揺してしゃべれなくなるおじさまw
    苦笑をマイクが拾ってしまいかわいいことにw
    観客「頑張れー!」
    おじさま「くりかえさせていただきます!!」
    いいねいいね。ゆかりんライブのこゆとこが好き。みんな素敵なお客さん。


    そして照明が落ちた瞬間にぽっと灯るいっぱいのピンク色ですよ。
    客席ぐるってなってるから花火みたいですごいきれいなの。

    1,LOVE ME NOW!
    スカートがトレーンになったまっしろキラキラドレスのゆかりんが登場。
    さすがにみんな降りつけ完璧!
    わたしはまたポンポンをわすれました。

    2,Picnic
    きたああ!!
    なつかし曲なのにみんな完璧すぎるコール。
    CutieCutieのDVDのイントロの演出が大好きです。

    3,Happy Life
    ライブで聞いて好きになった曲です。
    サビの最後で指差すとこが好き。


    初日なのに折り返し地点。
    ゆかりんは2曲目から泣きそうになちゃったそうです。
    うれしくて大好きでわたしも泣きそうに。
    見切れ席のお客さんに見えないよう機材に隠れてのぞく。
    かわいい。
    途中でトレーンだけとってミニになってたような。


    4,プラチナLover's Day
    5,Spring fever
    きたああ!!!今日なに!?やったあ!!
    かわいい。ちょうかわいい。

    6,Don't wake me☆Up
    ライブで聞けるとは!
    サビの振り付けがちょうかわいかった。
    ダンサーさんと一列になってステージを一周。


    男爵さん紹介。
    ぷろれすの登場風。ここで実のいとこという男性声優さんのお声でした。
    JACKさんの人気がすごい。GODのぽんぽんは手作り?
    管楽器隊さんもいます。


    7,流れ星ジェニー(限定シングルの新曲)
    前述のクラブの入り口っぽい所によっかかってアダルティな登場。
    THE☆昭和歌謡曲なかんじ。
    後ろの映像に写るキラキラスクエアガラス窓やミラーボール。
    私の頭によぎった言葉→「熱烈ゆかりん」

    星条旗をイメージしたっぽい(前回のツアーのよりはスカート長め。なんとなくフラメンコっぽい)
    トリコロールカラーのキラキラドレスで登場でした。

    8,YOURS EVER
    ピアノの横の椅子に座ってしっとりと。
    涙腺崩壊。
    この曲聞けただけでも今日来て良かったと思いました。
    だいすきです。ゆかりんにありがとうがあふれてとまらない。

    9,floral blue
    座ったアコースティックの流れから、立ち上がって力強く熱唱。
    最近でいちばんすきな曲!
    これは女子受けする歌詞だよね。
    アコースティックが好きすぎて、ずっと歌っていてほしかったです。


    メイツちゃん紹介。
    おなじみメンバーさんに+4人。


    10,Baby blue sky
    きたあああああ!
    高まりましたとも。私の周りは高まってたよ!
    衣装はかわいい外国の化粧品のピンクみたいな色のワンピ。
    ゆかりがプレゼント☆的なリボン。

    ここでゆかりんからお叱り。
    「今ーゆかりんが生まれて初めて作詞したーベイビーブルースカイって曲を歌ったんだけどー↑」
    きたーー!が足りなかったようです。

    今日は収録がない。
    明日は歌うかもしれないし歌わないかもしれない。
    男爵さんも巻き込んでイントロから練習。
    果たしてあしたはどうなるのでしょうか。
    「はいはい。茶番は終了です」
    「他にも(歓声が)足りないとこあったら言ってくから」

    ライブ前日は特別な事しようと思った。
    8枚切りの食パンにチョコレート乗せて焼いた。
    「ゆかりが思ってたようにはならなかった」
    「でもおいしかったよ」

    Baby〜は、前はSpring fiverツアーで歌ってたと思うんですけど、
    そのときも「今知らない曲あったでしょ?」って言ってたような。
    わたしはラブパレシングルから大好きで大好きで、通学中によく聞いてた思い出。
    はぁため思い出しちゃう。


    11,Super Special Day
    あああああ!
    なつかし曲なのにみんな完璧すぎr
    隣のお姉さまが「俺もー!」を言い逃し悔しがっていらっしゃり。
    わたしもじゃっかんあやしかったので帰ったら復習。
    振りまた変わってました。

    12,恋に落ちたペインター
    前回なかったアルバム曲。
    ミュージカルぽい演出好きのゆかりさんならやってくれると思ってました!
    桃色管係さんがちょうかっこいいの。
    ピンクのソファ登場。ねこさんとメイツちゃんが取り合ったりかわいい。
    このあとの桃色管係さん&男爵さんパフォーマンスがもうかっこよくて!
    昔タップダンスやってたので踊りたくなったっ☆

    13,恋のアゲハ
    今回はお着物でなく。
    ゆかりんこれ好きだよね!
    きらきら衣装なんだけどフォークロアな感じと言うか、
    ショールみたいになった長い袖が後ろに繋がって翻るシャンパンゴールドっぽいドレスがおしゃれでした。こういうレトロ感すきすき。
    間奏でふんってかんじで踵を返すとこのひるがえりがきれいなの!

    14,神聖炉
    聞きたかったです!
    移動花道の先で歌っていて、天井からトリカゴ。
    カゴに乗りこみ吊られるゆかりん。
    超ゆれそうなのに歌が安定しててすごい。
    2階席だったけど、目線の高さがいっしょになってうれしかったです。
    緑のレーザー光の演出がすごかった!
    劇団☆新感線思い出した王国民がわたし以外にいたらお友達になりたいw

    15,星空のSpica
    トリカゴのまま。ステージは今回もファイヤーしてました。
    わたしspica歌うゆかりんかっこよくてだいすきなんだああ。


    限定シングルめろ〜ん音頭の練習コーナー。
    映像がシュール。
    ゆかり姫がたこ焼きに夢中で練習がはじまらない。
    無表情で挙動不審な姫w
    一時停止が手動w
    ゆかり姫「あぁあぁあー川の流れにー(スロー)」
    ちょっとえろいんじゃないかとざわつく客席w
    一時停止で止まりきれず含み笑いゆかりんがかわいい。
    とゆか進むの早い。お客さん覚えるのも早い。


    16,めろ〜ん音頭 〜Festival of Kingdom〜
    たーのしかった!いいねぇこれ。
    まわりがお知り合いだったこともありみんなでにこにこ踊りました。
    だがしかしさっきのを上回るシュール映像(微妙なCGのうさぎ。顔が怖い)が流れていました。
    ゆかり丸(移動花道)でこっちまで来てくれました☆
    映像では浴衣ロリみたいなワンピでしたが、
    衣装は真っ赤なスパンコール?のハートの女王みたいなドレスでした。


    ここでめろーんをしようとするも、
    「しまったぁ!ステッキがないからめろーんができないいい」
    と、おもむろにステージ2階ののリフトアップから
    「ぶどうかーーん!!」と、たまちゃん(サウンドプロデューサー太田雅友さん)登場。
    「ハイハイ事務的に行きますよー。めろーん!」
    一通り男爵さんとコント、客席とコントの後に次の曲へ。
    (しょうじきもうめろーんはいいんじゃないかと思っている笑)
    (けどゆかりさんが楽しそうならいいです!)
    見え透いた茶番(失礼)的なマジックコーナーはここだっけ?
    ねこ×2ととゆかりんが消えたり現れたりかわいいコントでした。

    17,おしえて A to Z
    18,You&Me
    19,恋せよ女の子
    いつもだけど手拍子&コールの一体感がすごかったです!
    ゆかりんもすっごく楽しそうで、動きもなんかいつもよりはじけてる気がして。

    20,Cherry Kiss
    きたあああ。あああもうかわいいいい!
    DVDみててもCherryKissのとこなんべんも見ちゃいます。
    Bメロのみんなで飛ぶとこだいすき!
    またゆかり丸で近くまで着た!
    かわいくて大好きで泣きそうになりながら手を振っていました。

    21,この指とまれ
    公録のときの無表情で合いの手入れるゆかりんが思い出されるww
    タオル曲でしたがグッズ買えなかったのでCDのタイミングでぴょんぴょんしてました☆

    22,チェルシーガール
    ゆかりにもっと恋したい!!!!


    <アンコール>
    23,Graditude
    うわああん今日好きな曲ばっかりだよ。
    うれしい涙をたくさんやさしい声をまっすぐに!ありがとう!!


    ゆかりんは水飲めないくらい暑くなっちゃったとのことです。
    わたしも汗だく息切れで、まわりを見てもみなさんそんな感じ。
    「あんまり飲むとにょいってしまうよ(トイレ行きたくなるの意)」
    「みんなが少しでも楽しい気持ちになってくれたら」
    とってもとってもたのしいし、みんなでゆかりんを元気にできたら、
    こんなにしあわせなことはないなって、ほんとにほんとに思いました

    そして前回のツアーが明日のと合わせてBD&DVDになりますよーと
    ユニバーサルシティのオリコンさんのステージに出るよというおしらせ。
    「君らぼっちだから(遊園地は)つらいだろうけど」
    「隣同士リズムを合わせたらいいよ」
    奈々ちゃんみたいに2タイトル同時発売とかなのかな?と勘ぐったり。
    ユニバーサルはこの時点ではぼっちなので行かないつもりでしたが…!


    24,fancy baby doll
    25,Super Special Smiling Shy Girl
    だいすきゆかりん、わらってゆかりん。それだけです。だいすきです!


    ゆかりんのお歌は本当にまんべんなく大好きで新旧いろいろどれも聴いている気がするのですが、
    そんななかでもライブではあんまり聴けないだろうなぁと思ってた曲とかがいっぱい聴けてすっごいうれしかったです。
    もうこれ聴いたら今日は!っていう曲がいっぱいあったんだもん。
    個人的には前にYOURS EVER歌ったときはライブ参加お休みしていて聴けなかったので、
    今回歌ってくれてすごくすごくうれしかったです。
    あったかい声に涙が出ました。
    明日もほんとうにたのしみだなぁ。。とかみしめながらまっすぐお家に帰った初日でした。

    0

      0
        • 2016.02.16 Tuesday 
        • Category:-
        • -
        • -
        • Written by スポンサードリンク

        Comment

        コメントする








           

        Track back

        この記事のトラックバックURL