<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

comment

  • 『D.A.T One Day Dream』2013.08.18 感想
    betico (11/11)
  • 『D.A.T One Day Dream』2013.08.18 感想
    音仔 (10/27)
  • 『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 *I Love Rabbit*』仙台 2012.2.4 感想
    betico (02/27)
  • 『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 *I Love Rabbit*』仙台 2012.2.4 感想
    kota (02/19)

search

other

▼QR code
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • 2016.02.16 Tuesday 
    • Category:-
    • -
    • -
    • Written by スポンサードリンク

    千秋楽!!笑
    2日目感想文です。やっと書き終わりました〜><
    ちなみに初日の感想はこちらです。
    両日共通なことは初日のほうに細かく書いていますので、合わせてどうぞです。

    『田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2013 *Cute'n ♡ Cute'n Heart*』 感想

    2013.06.23sun@さいたまスーパーアリーナ

    ※映像やMCはそんなに正確ではないと思います。
     ニュアンス補完とご理解ご了承くださいませ!
     セトリはアニメロミックスさんを参考にしました。





    ■ステージとか

    セットなどは初日と一緒で、横長にメインステージ、中央に花道、の先に小さいステージ
    外周の移動はトロッコ。離れたところにミニステージ。
    中央のスクリーンの回りにハートやリボンの装飾、サイドにもスクリーン。
    この日はアリーナの後方のお席だったのですが、
    正面スクリーンがはっきり見えたので映像が見やすくてよかったです
    後方のミニステージやゆかり丸に乗るとゆかりんがかなり近くになってわぁいでした><

    ■ライブ本編
    映像1

    映像も途中まで(!)は初日と変わらずなので初日のコピペでしつれいします

      生まれてからずっとお城で大切に大切に育てられているゆかり姫。
      王様の意向で外には出さず、お城の外の世界は知らないけど、
      でも欲しいものはなんでも与えられて何不自由なく暮らしています。
      そして今日も姫のために舞踏会が催されるのです、、、

    といった感じで姫登場!
    映像はお姫様ゆかりんとおとぎ話チックなCGで作られていて、
    凝っていてとってもかわいい映像になっていました。
    豪華ないすにぽつんと座った姫とプレゼントがたくさん振ってくる絵とかすごくかわいかった。

    01.Fantastic future
    02.パーティーは終わらない
    03.You & Me

    Fantastic futureやっぱりかわいいーー!
    そしてラップがたのしい!!
    そいえば今回"パーティー"でダンサーさんがポンポン使っていました。

    MC1

    「こんばんはー!」
    「田村ゆかりです☆」
    ライブタイトルの読み上げがあり、昨日も来た人?とゆかりん。
    ほとんどの人が手を挙げていました。
    「うわ、ほとんどじゃん。1日でよかったんじゃない?」
    それはない!!><
    3日やってー!!と叫んでる人がちらほらいておもしろかったですw
    たしかに2日でも足りない!
    「でも昨日来た人も、新鮮な気持ちで楽しんでくれると嬉しいです」

    「ゆかり、無知だから名前がわかんないんだけど。この下界みたいなとこが?」下界ww
    お客さん「アリーナー!」
    そうして200レベル、300レベル、400レベル、500レベルと確認していったのですが、
    300レベルは下手側3分の2くらいが関係者席、で上手側だけお客さんが。
    「そこなんの関係者席?うすいなー苦笑」
    400、500レベルはすごく急勾配という話や、
    「さっき500レベル行ってみたんですけど。2席しかないところあるよね?」
    そこのお客さんが手を挙げる(線対称に2席ずつ、4席ありました)
    「なぜか2席しかないの。そこ、席ついたとき気まずくなかった?男女?女女?……女男!?」
    「友達?他人?、、他人!?」
    お客さんから「今日からともだちー!」と声が。
    「今日から友達?うわべだけのタイプのやつだ」www
    ちなみに片方が女子・男子で他人さん、片方が女子二人お友達だったぽいです。
    ゆかり王国ではけっこう男女間の交流が活発だという話に。
    「友達ができましたとか。結婚しましたとか。」
    「ゆかりを置いて」
    「ここは発展させる場じゃないよ」
    「でもその500レベルのカップルシートの人たち、発展したら教えてね。」www
    あとゆかりんのご両親がいらっしゃってるというお話も。
    「なんかガラス張りのとこにいるって聞いたんだけど、、あ、いた!」
    めっちゃノリノリでピンクのライトを振っていらっしゃいました(*´ω`*)

    そしてまた囲まれてて喋りにくい、と言いながらしゃがんでお水を飲むゆかりん。
    と、何かを発見!
    「虫がいる」なんと\('ω')/
    しかもけっこうでっかいやーつで、
    「カメラさん写せますか?ごみだと思って拾おうとしたら。危なかった><
     (後ろ振り向いて)ダンサーちゃん気をつけてね。こいつ微動だにしないから。」
    正面の大きなスクリーンに、サイエンス番組さながらにきれーにフォーカスされた
    黒い虫(確かに割りとでかい)の映像が映っててすごーくシュールでしたwww

    「もうめっちゃ緊張してて。」
    「まだ手とか震えてるの。みんなあんまり見ないでね。」
    「虫も応援してくれています」
    「虫のショックから立ち直れてませんが。次の曲行きますね。」

    04.さよならを おしえて
    05.エアシューター
    06.I.N.G.
    07.ラブサイン

    やっぱり"さよならをおしえて"いいなぁ。。
    "エアシューター"!!わああ!
    この日は上手側からトロッコが廻ってて、初日と逆だったような?
    そして"I.N.G."で後方のミニステージへ。近い!ちかいよ!
    "ラブサイン"でもう半周、メインステージへ戻り。

    映像2

    オープニングのおとぎ話映像の続きです。

      旅芸人からいろいろ外の世界の話を教えてもらうのが楽しみなゆかり姫。
      大蛇の鼻と大勢が食べられるピザくらいの大きな耳を持ったゾウ、
      潮を吹く巨大な魚クジラ、
      キャラバンで荷物を運ぶラクダなど
      いろいろ教えてもらいますが、ゆかり姫の想像はちょっと違っていて、
      黄色のクジラやケーキやお菓子をたくさんしょったラクダの想像図が。
      そして不思議な人形を貰うのですが、これがなんとうわさのはーとちゃん…!
      ゆかりちゃん祭りで降格されたねこの変わりに現れた
      きもちわる…かわいい赤いハートの顔のあいつですww
      はーとちゃんを枕元に置いて眠りに付く姫は夢の中で想像の動物たちに出会います。
      そして森に迷い込むと、トリカゴに捕まった灰色の猫。
      ”ジョーカー”という悪い人に捕らえられてしまったそうで、姫にも早く逃げるよう促します。
      そして走って森を後にするゆかり姫。
      夢から醒めて、現実の世界でもお城から抜け出して猫を助けに行くことを決意します。

    はーとちゃんの存在感ww
    そしてやっぱりベッドにぱたっとなるところが大好きです〜!!!
    というか映像でもいっぱい衣装替えしててどれもすごくかわいかったのです。
    早く高画質で見たいっ
    そして歩いてるときのBGMは"AMBER〜人魚の涙"や"夢見月のアリス"のインストになってて、
    ちょっとアジアンな感じのアレンジがめっちゃおしゃれでした。
    特に"AMBER"はシーンごとにイントロのとことそのあとのところでそれぞれ同じフレーズを繰り返して使ってたのですが、使うとこ違うと元は同じ曲なのに雰囲気違ったかんじになってて
    改めてゆかりん楽曲の幅広さと質の高さが!太田さんすごい!

    08.My wish My love

    ゴンドラに乗ったゆかりん。
    今の日はアリーナで見ていたので見上げる感じでした。
    高く高く天上へ昇っていくゆかりん。。
    幻想的な緑のレーザーライトが広がっていって、ほんとにほんとにきれいでした。
    プルマージュも大好きだけど、"My wish My love"もやっぱりだいすき。。

    MC2

    虫はいつのまにかいなくなったみたいです。
    「帰っちゃった。電車の時間とかあるんだね」ざんねんです(´・ω・`)でもいなくなってよかった
    「せっかく真ん中でMCなのでひさしぶりのことをやろうと思います」
    めろーんステッキ!たしかにめっちゃひさしぶり!
    と、ステッキの棒部分に異変が。
    「…アリがいる!!!」
    なんていうかさいたまスーパーアリーナってこんなに自然がいっぱいだったんですね…!
    「写せます?無理?ここの、文字のところに…」
    カメラさんはちょっと難しかったのですが、お客さんから「サ○リオ」のやーつだと指摘が
    「…サン○オじゃねえよ!思っても言うな!!」www
    「サン○オと言われた魔法のステッキがあります。このサン○オのステッキを振ると…
     みんなこれやったことある?結構やったことない人も増えてるのかな。
     でもどういう儀式かは知ってる?結構やってたんだけど、みんなそろそろ飽きたかなと思って。」
    ともかくひさびさにえいっとやってわあーとなる感じです。
    途中で止めて「阿鼻叫喚だね。みんなアホな顔してる」と言ったり、ポイントポイントでやったり。
    わたしはめろーんは特にあってもなくてもというかなくてもいいんですけど、
    こういう円形の会場だとウェーブがきれいで中々素敵な景色でした!

    「あ、もう戻っていいんだよ。ごめんね。座っていいよ。…みんな、従順ですね。」
    そりゃあもう\(^o^)/
    「家でもそうなの?「○○くん、ごはん食べなさい!」「うっせーばばあ!」みたいにしてないの?」
    という流れからお客さんに親子で来てる方を探していました。
    結構いらっしゃってて、お父さんと娘さんが結構多かったような。
    「どっちがファンなのかがちょっと気になるね笑」
    お客さんから孫ーー!という声が。
    「孫!?3世代なの?連れて来られちゃったんじゃなくて?」
    若いおばあちゃん、お母さん、ちびっこで女系3世代さんでした。全員ファンです!というお客さん。
    「おばあちゃん、ファン。お母さんも、ファン。えー。あ、で、(幼女は)連れて来られちゃった感じだ。わーうれしいね。かわいー。将来が心配ですね。お父さんは?」
    そちらから「るすばんでーす!」と大きな声w
    「留守番www」
    連れてきてあげてって言ってたのはゆかりんだったかもしかしたらお客さんだったかも
    このへんでもゆかりを置いて的なことおっしゃってた気がします。
    お父さんと来てた他のお客さんでお父さんがファンだったっぽくて、子供さんに対してゆかりんが
    「お母さんて呼んでいいよ。…うそうそ笑」
    他のお客さんから「おかあさーん!」とちょっと声がかかり
    「えっ今お母さんって言ってないよね?やめて。笑。涙出てくるよ。」

    09.つぼみのままで
    10.miss you

    "つぼみのままで"がまた聴けるうれしさと、"miss you"!なつかしい!!
    花降り〜の"つぼみのままで"はイントロのオルゴールみたいな音がかわいいけど切なくて、
    小さな女の子がポツンと歌ってるようなイメージだったのですが、
    今のバンドさんとゆかりんで歌う"つぼみのままで"はまたちょっと違った女の子の歌のようで
    今聴けてすごくうれしいなぁと思いました。
    "miss you"は歌がびしっとはまってるかんじで、
    めっちゃ声が伸びてて透き通っててすごくきれいだった。
    もっともっとアコースティック聴きたい!いつも2曲じゃ足りないのわたしだけ?><
    そして改めていい曲だなぁと思ってもっと聴かなきゃと思いました。

    映像3

      猫を助けに行くと決めたゆかり姫。
      なぜか魔法で髪が伸びます。それを切って編んでロープにしてお城から脱出。
      初めて見る外の世界の景色にうきうきしながら街を通って、山?へ
      ゾウに遭遇して
      姫「違うわ。私知ってるのよ、ゾウは鼻が蛇で耳がピザなのよ」
      ゾウ「そうかい?でも僕はゾウなんだぞう。」
      なぜかタコに遭遇して、
      姫「タコっていうのはソースがかかってて茶色くてとてもおいしいのよ。食べたことあるもの」
      タコ「それは…僕の父さんだ…」
      砂漠で砂クジラに遭遇して
      「もしかして、あなたがタコヤキ?」
      などなど、ゆるいやり取りの末に森の情報をゲット。
      魔女ははーとちゃんが弱点だという情報もゲット。
      クジラ「なんてったって、気持ち悪いからね。」www
      ちなみに砂クジラにはお礼にタコヤキをあげていて、「新鮮よ!」と。
      も、、もしかして……!

    11.片方だけのイヤリング
    12.Masquerade Kiss(俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる 夏川真涼キャラクターソング)
    13.Traveling with a sheep

    おおお。結構曲変わりますね!すごい!うれしい!
    俺修羅真涼ちゃんのキャラソンは恥ずかしながら不勉強だったのですが、
    なんとなく歌詞の「うそつきなわたし」とか「仮面」とかでそうかな?と思いながら聴いていました。
    「うそをつくのが上手なわたし」
    「自分でもどこまでがうそだかわからない」
    大人っぽくてかっこいい曲なんですけど、真涼ちゃんの気持ちが切ないです。。
    てこれ歌詞見ないで書いてますけど。
    "Traveling with a sheep"も大分お久しぶりですよね。
    今のゆかりんが歌うとかっこよさ割り増しで迫力が!演奏も超かっこいい!
    乙女なの大好きとか言っといてロック曲歌うゆかりんも大好きだし昭和ゾーンも超楽しいし
    アコースティックも増やしてほしいし跳び曲もやっぱりたのしいしもうどうしたら!!

    バンドパフォーマンス

    やっぱり今回のバンドさん演奏の感じすごくすきです!

    14.だって×2 ウキウキ
    15.流れ星ジェニー
    16.好き...でもリベンジ

    "ウキウキ"の映像の演出は昨日に引き続き。 ゆかりんが映ったとこだけ丸く切り抜かれて、周りにサイケな模様がぐるぐるぐる。
    スポットライト当たったレトロ映像みたいになってます。
    やっぱりこれすごくすき〜!
    "流れ星ジェニー"!!大好きですー!"好きでも"も!
    ていうかジャズ系楽曲にこんなにレパートリーがあるゆかりんがすごい笑
    あとここの衣装、初日とちがかった気がしたのわたしだけですか?
    すごい自信ないのですが、初日は全体にふわっとした感じの形で、
    千秋楽はオレンジの普通にパフスリーブ×ウエスト切り替えみたいな形だった気が。
    多分に気のせいかもですが一応メモしとく!会報来たら笑われるパターンかも!

    映像4

      ストーリーもいよいよ大詰め!なんと初日と違う展開に!
      森の奥まで進むと、お菓子の家が。
      窓を覗くと夢でみた猫が捕らわれています。
      そこに魔女?"ジョーカー"が登場!!
      魔女の弱点だというはーとちゃんをえい!とかざす姫。
      …しかしなにも起こりません。。。
      何をバタバタやってるんだ?とジョーカー。
      ここから怒涛の新展開。
      光って変形するはーとちゃんは武器の形に!!(結構物騒な形でした)
      なんだか技名を叫びながら結構なエフェクトとともにぶすっっと魔女を刺すゆかりん。
      結構残酷な絵面になってましたww
      カード的なものに封印されるジョーカー。(なんかいろいろ混ざってるww)
      封印されてもなおしぶとく、カードの中から
      「くそうゆかり姫め!こうしてやる!」となんか出すジョーカーさん。
      ビビビビっとされて「あ゛あ゛あ゛あ゛〜」となるゆかり姫(古典的なカミナリ落ちたタイプの)
      ジョーカー「お前に呪いをかけてやったぞ!!これでお前は、永遠に年を取らない!!!」
      姫「えええええ!!!」
      ジョーカー「これでお前は、永遠に17歳のままだ!!ふはははは!」
      姫「そ、そんな…!!……まあいっか☆」www
      呪いなど全く気にしない姫は助けた猫とともにお城へ帰ります。
      王様の苦言がちょっと長めでした。
      あと「私、呪いがかかってずっと17歳のままなの♪」的な報告も。
      そして「いろんなところに行って歌を届けたい。みんなをきゅんきゅんにするの」の
      エンディングは昨日と共通で、
      「いつまでも17歳のまま幸せに暮らしました」みたいなナレーション。
      会場大喝采ww

    一番最後のゆかり姫とはーとちゃんと猫が崖みたいなところで空を見ている後姿のカットは、
    昨日も今日も一緒だったのですが、初日はなんで猫がいるんだろう?とちょっと思ったんですよね。
    なるほどこういう仕掛けがあるとは!!!
    17.アンドロメダまで1hour
    MC3

    ゆかりんは"アンドロメダ"のポップアップ登場に失敗してしまったみたいだったのですが、
    あんまり気づきませんでした。
    でもスクリーンに拡大されたゆかりんが映って、ゆかりん本体の姿が見えなくて、
    ゆかりん巨大化した!!と一瞬見えたのはゆかりんがしゃがんでたからだったのですね。
    お怪我なくてよかったです。。
    「転んでないよ。見てないよね?…いつも完璧には行かないんだよ。完璧だったことないけど。
     でも実はちょっと美味しいとも思いましたけど。」
    「足腰が弱くなってるんだよ。」

    話はゆかりんの華麗な日常の話題に。
    「苦手であんまり行かないんですけど、ライブの前だしと思って、ネイルサロンに行きました」
    「さいたまにはないと思うけど。都会にはネイルサロンっていうのがあってね。」失礼w
    「ネイルサロン行くと、めっちゃ手を触れ合うでしょ」
    「みんなネイリストを目指せばいいんじゃない?合法的に女子の手が触れるよ」
    最近は男性のネイリストさんも、男性のお客さんもいるという話に。
    「でも男性の方に、足やってもらうのはちょっと気が引けるというか、、」
    お客さん、足に触れる情報の方が色めき立ってた気がしますがwww
    「でもね、男性に男性は当てないんだって。なんだろう、絵的にかな。気持ち悪いから?」
    えええ!絵的にかわいいと思ってしまうわたしですいませんゆかりんも仲間かと思ってた!←
    「最近はジェルネイルやってる男性とかもね、結構いらっしゃるし」
    「名前行っていいのかわからないけど、みずしまだいちゅうさんとか。おしゃれさんだからね。」
    だいちゅうさん呼びだ!むろみさんかな?MSWLのとき爪まで見えなかったなぁ。
    でもロック系な歌やってる男性声優さんは結構爪塗ってる人いますよね。
    てらしーとかロデオさんとか。ライブのときとか。

    「大人だからいろんなことが出来るゆかりですけど」
    「イタリアンを一人で。しかもコース。そういうシティ派なことをしてみたいなって」シティ派…?w
    「カウンターで。話しかけられたらやだなって思ってたんだけど、
     「このあたり、よくお食事にいらっしゃるんですか?」「ええ。たまに。(いい声)」って」ww
    そしておしゃれパスタがいっぱいでてきて多いなと思ってたら、
    気を利かした店員さんにお肉まで減らされちゃって悲しかったお話とか
    今度は一人中華に挑戦したいゆかりん。
    「でも中華のコースって2名様からっていうのが多いんだよね。2人分食べれば平気かな?」
    「でもどうせならあの、まわるやつ(円卓)がいいもんね。」
    一緒にいってあげるーというお客さんに対し、
    「いやだ。一緒に行きたくない。」
    作るー!というお客さんに
    「作ってくれるのはちょっといいな。でもクッ○ドゥーで。失敗がないでしょ?」

    ともだちがいないはなし。
    「いるように見える?こう(スカートを広げてきゃぴっとしたかんじのポーズ)だよ?」
    矛先が男爵さんたちに。
    「でもビジネスだから」
    「(中華)行く?(どうぞどうぞな男爵さんたちに)何譲りあってるの?ゆかりんだよ!?」
    「前までは、ゆかりんだからこう(控えめに)してなきゃって思ってたけど、
     去年くらいからゆかりはゆかりんであることを最大限に利用しようと思ったの。」
    「接待チヤホヤすらないより、接待チヤホヤをしてもらえるほうがいい」
    わたしはゆかりんはすごくお仕事にストイックな職人さんでかっこよすぎて近づきがたいのかなと勝手に思うのですが、、でもたしかに疑っちゃうよりお仕事だからってわかってるほうが信用できるというのはちょっとわかるような気も、、、
    と個人的見解はさておき、、
    なんでその流れか忘れちゃいましたが、
    なぜか男爵さんが"メタウサ姫"を弾き始め、
    「のろわれしーってこと?歌うの?用意してないからできないでしょ?」
    いけるぜー!という男爵さんに。
    1番のABメロくらい歌ってくださり。
    「なにこれ笑 どうせならサビ歌いたかったよ笑」
    とたんにサビの演奏が始まります(すごい!)
    サビも歌ってくれてお客さんのコールもばっちしでした。
    「…はぁ。疲れちゃった…。疲れたけど、次の曲行きますね。」
    わああ。なぜいつもメタウサ姫はゲリラなんでしょうかw

    18.チェルシーガール
    19.fancy baby doll
    20.この指とまれ
    21.ラブリィ レクチャー

    "チェルシーガール"は今回はないのかな?と思ってたのでわああ。
    「ゆかりにもっと恋いしたーい!」><

    そして…
    "fancy baby doll"でまさかの!!
    うささんが手元に飛び込んできてくれました><

    わあああ。初うさです。めっちゃうれしい!
    過去2度ほど指先掠ったことはあるのですが、手にしたのは初めてです!
    ていうか初めて掠ったの2003年のふぁーすとらいぶだから、10年後のうさだよ><
    グラデーションカラーのかわいいリボンにはゆかりんの手書きメッセージが。

    「今日は来てくれてありがとう byゆかり」 て書いてありました。
    (つ∧`)\
    たからものがまた増えましたー><
    ちなみにこのうさ、バズーカでなくてゆかりんが投げたほうなのですが、
    なんかめっちゃいいにおいするんです……!はあはあはあ!(すいません)
    一回カバンにしまって、途中で取り出したら「ふわぁ〜*」と甘い香りが漂って、
    なにこれ!?うさから?うさからなの?とくんかくんかしましたごめんなさい
    あとお隣近所さんもみなさまとてもやさしくてもうみんなだいすきです(つ∧`)\

    そしてたのしい"この指とまれ"!
    "ラブリィレクチャー"!!わああなんか久々ですねっ
    最初のふふー!ふわふわふわふわ☆とからぶりぃれくちゃー!とか楽しくて大好きです〜!

    この日も"fancy baby doll"は間奏でゆかり丸で一周、
    "この指とまれ"でゴンドラに揺られていました!

    22.W:Wonder tale
    23.Endless Story

    この日は"W:Wonder tale"の前のタイトルコールはなし、
    "Endless Story"の前は
    「最後の曲です。聴いてください。"Endless Story"」
    "W:Wonder tale"はすごくすごく名曲だと思います。白い衣装がまた合ってて><

    ■アンコール
    24.Super Special Smiling Shy girl
    25.Gratitude

    SSSSGの間のバンド紹介の最後は
    「田村ゆかりちゃん、17才ですっ☆」になっていました(*´ω`*)
    Gratitudeで飛んだ銀テープはこんなかんじ。ピンクと金と2色でした。

    「しゅんしゅん」 「るん!」 「にゃん にゃん」 「るん!」 「おこだよ ぷん」
    かわいいーー(*´ω`*)

    MC4

    「アンコール、ありがとうございます」
    「今何時くらいなんだろう。今日早くから始まったよね。まだ早い?あっという間だね。」
    夕飯時だったということで、お友達と来た人、一人で来た人を確認。
    またともだちいないって言ってるゆかりんに、
    友達になってください!とばかりにひざまずいていく男爵さん方。
    「ビジネス!!!! だから、ビジネスでしょ?」
    なんとかゆかりんに信じてもらおうといろいろアピールする男爵さん方。
    「中華?食べに行く?お寿司!?」
    色んなやり取りがあり、囲われてるドラムのいーぐるさんも出てきてくれました。
    「あ、、じゃあ、お友達に…///」言い方かわいかった(*´ω`*)
    またでもビジネスだから、と言われて苦笑しながら首を振るJACKさんたちがやさしそうでした*

    「そして。」
    「ここでお知らせがあります。」
    おおーー!?と沸き立つお客さんたちに、
    「そんなにね、大したことじゃないから、、。期待しすぎないで。。」とゆかりん。
    しかしおしらせは、
    「新しいアルバムが秋頃に発売されます」
    わあああ。たいしてる!たいしてるよ!
    「10枚目なんだって。じゅっす?てんす?(10th)って言いにくいよね。
     ゆかりは、てんしゅってゆってます」かわいい(*´ω`*)
    「今のところ決まっていることは、これだけです笑」
    「もう2曲くらい、取ったんだけど。頑張って作っていますので」
    たのしみです!! 「そしてもうひとつ。次のライブが決定しました」
    わああああ!
    「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2013 Autumn *Caramel Ribbon*」@9月16日横浜アリーナ!!
    わーーーーい!!
    早い!ていうかすごいペース!うれしいけど!!
    「Caramel Ribbon」は考えてもらったとのことで、
    「一夜限りだから、One Night Loveは?って言ったんですけど、ダメですって。」
    「らぶらいぶ、わんないとらぶ、ってラブがいっぱいだから?
     じゃああいらぶらびっとは?って感じだけど」
    ていうかワンナイトラブだとちょっとせくすぃな感じになっちゃいそうだなとか笑
    「でもとにかく、名前の通りかわいい感じになったらいいなって思ってます」
    わあああめっちゃたのしみ><

    このあとまたお水を取るべくステージにひざをついて、
    「なんか今回のセットだと、お座敷感があるね。」
    「ウノとかやる?(男爵さんも一緒にひざをついてます)今いいんじゃない?写真。」
    と仲良くしゃがんだ公式フォトが撮影されていました。
    これネットのライブレポートとかに載ったら状況が全くわかんなくておもしろいですよねww
    「あとあの、こういうやつとか。昔よくあるやつ。」
    GOD×JACKでツイスターゲームの真似事をすることに。
    色めきたつゆかりん。「そうそうそう!もっとこう!」www
    「うわー気持ち悪い図。やだーBLっぽいー!」www
    「ちょっとまって!このかんじたとーーー…
     GOD総受けだな。」
    「しかも誘い受けだな。」
    め、めにあーーっく!笑
    ふつうに考えたらごっどさんせめっぽいじゃんね(理由:背が高くてかっこいいから)
    ていうかたぶん思いついたこと言ってるだけだとおもいますがww
    「だれか描いてください。GOD総受け本。」
    「ちなみに、ゆかりは、誘い受けです。」
    これ私はたぶんゆかりんは自虐的に女子のネットスラング的な意味でいったんだと思ったのですが(ちがったらごめんなさい)、お客さんはちょっと違う意味で沸いてて、「違うよ、全然誘ってないけどね」とゆかりん。
    さらに男爵さんに「ググらないでね。もうググった?しないほうがいいよ。」とフォロー。
    ちなみにゆかりんは過去に秋田県民会館の集会室でまさにゃん総受けオンリーイベントをやろうとしてました。(FIL秋田感想※うちの感想にはあんまり詳しいこと書いてないです)

    とお約束のBL風トークでだらっと盛り上がっていましたが、
    そろそろ終わっちゃうのやで伸ばしモードだったんだと勝手に妄想受信。
    ゆかりんかわいいわたしも帰りたくないよう><
    「ねことも遊んでないよね」とねこさんを呼び絡み始める。
    アンドロメダ失敗ゆかりんをあざ笑うねこさんたち。
    「腹立つわーー。」
    「なにか特技とかないの? 頭を取るとか。」wwww
    階段落ちができるよ!というくすんださん。
    ゆかりんが手でばんっと撃つとすてきに階段を転がり落ちてました!上手でした!
    どてどてどてとまねするくすんでないさんにゆかりんは
    「あいつできなさそうじゃね笑」
    「ゆかり?ゆかりも無理だよ。」
    やろうとしてやめるゆかりん。
    腕時計を指すようなアクションでゆかりんにまきを伝えるねこたち。
    「なに?時間?まかれてるの?次行けって?はい。」
    「名残惜しいけど、、ちょっと疲れちゃったな今ので。最後の曲、歌いたいと思います。」

    26.もうちょっとFall in Love

    一番最後に"もうちょっとFall in Love"て、
    まだまだ、もうちょっとだけ!ゆかりの魔法にかかっててね!
    て感じの構成なのかなかわいいなと勝手に妄想受信。
    わあああ。いつだってフォーリンラブだよううう(つ∧`)\

    そしていつものとおり、じっくりたくさん手を振ってお別れをしてくださるゆかりん。
    ゆかり丸でぐるっと廻って、メインステージへ。
    みんな最後のゆかりんの言葉を聞くべく静かになった会場。
    ちょっと神妙な面持ちのゆかりん。

    「今日はほんとうに、ありがとうございました。」
    「ほんとうに、こんなに大きなステージに立たせてくれて、ありがとう。」
    ゆかりんは涙声でした。
    「いっつもね。すぐふざけちゃって。なかなか思ってることを言えないけど。
     ほんとうに、みんなが連れてきてくれた場所だと思っています。」
    「始まる前まで、始まってからもなんだけど、ほんとにすごーーーく緊張して。
     手も震えてて、ずっとお腹も痛いし。毎日泣きそうでした。
     でも今日、出てきて、みんなをみてちょっと力を貰って。
     いや、ちょっとじゃなくてね、、(わかるよう><)いつも支えてもらってるけど
     ふわふわしたまま、始まって、ここまで来てしまって。
     反省点も、うまくできなかったこともいっぱいあって。くやしい気持ちとかもあるから。
     もっかいね、できたらいいなって思います。」
    「またこれから頑張って、いつか、またここに立って、みんなに会えたらいいなと思います。」
    「今日はほんとうに、ありがとうございました。」
    「とっても楽しいライブでした。」
    「またね!」

    ■まとめ感想とか

    初日で、好きな曲がいっぱいあって、セットリスト変わらないでほしい!と思ったのですが、
    確かに変わってほしくなかったところが変わってはいたのですが、
    初日と千秋楽が逆のセットリストでもおなじこと思ってたと思うくらい、この日も好きな曲ばっかり!
    もちろんゆかりんの曲はみんな好きだし、
    べつに古い曲歌わないからやだとかないし最近の曲も大好きなのいっぱいあるのですが、
    でもやっぱり思い入れのある曲とか特に大好きな曲歌ってくれるとうれしいですね。
    ちょっと古い曲がいっぱいあったのも、最後のMCと関係して感謝祭てきなゆかりん采配なんだったらやばい超うれしい!と勝手に妄想(そればっかり!いいんだよふぁんてそういうもんじゃん!)
    "miss you"とか"エアシューター"とか"Traveling〜"とか、改めて曲の良さに気づかされて
    帰ってきてからさっそくひさしぶりにいっぱい聴いてます。えへへ単純(*´ω`*)
    あと、2日ともですけどMCがツアーの地方のときみたいな飾らない感じで
    すごくすごーく楽しかったしうれしかったです。あったかくていつものかんじ!って感じがして。
    広い広いところでもいつもどおり上手にお客さんを交えて話すゆかりんはさすがです。
    ゴンドラやゆかり丸の演出もあって、会場のどこにいても休む間もなくぜったい楽しい
    ゆかりんの魔法だなぁと思いました。大好き!!
    ゆかりんがBL萌え風にトーク伸ばし始めたあたりから、ああ終わっちゃうんだなぁって思って
    "Gratitude"で何度目かのうるっとして、最後はいっぱいいっぱい拍手して手を振って、
    そして最後のMCには涙で前が見えませんでした。
    いつもいつも、楽しい時間をいただいてばかり。

    以下、かなり暑苦しくて気持ち悪い個人的な気持ち書きなぐりです。

    最後のご挨拶は本当に不意をつかれたというか
    こちらこそ、いつも夢見させていただいて元気貰ってばっかりでありがとうございますなのに><
    わたしなんかからしたら、最近のゆかりんは(前からだけど)
    かわいいけどかわいい前にかっこよくて、すごくすごくかっこよくて、
    どんどん気高いお姫様になっていって。
    今回のたまアリという大きな会場だって、
    今のゆかりんなら当然だなすごいなかっこいいなって思っていました。
    そうなれたのもゆかりんの真面目でストイックでそしてたくさん魅力があるところこそからで、、
    でも、もちろんそうなんだけど、会場が大きくなることも当たり前じゃないし、
    あんなにかっこいいゆかりんが緊張で手が震えたり毎日泣きそうって言ってて、
    いつも見てるかっこいいゆかりんは、そういうのをちゃんと頑張っての素敵な姿なんだなって
    すごく当たり前のことなんですけど、考えました。
    初日も千秋楽も、わたしなんかはただずっと楽しくて大興奮できゃっきゃしてて、
    素人目線ではなにがはんせいてんとかなのか全然わからなくて
    すごくたのしいすごく完成度の高い素敵ライブだったじゃん?と思ってしまうのですが、
    もうライブが終わる前から、”なっとくいかないとこがあってくやしい”と言ってるゆかりんは
    やっぱりものすごくかっこいいと思うし、
    そんなゆかりんがこれから見せてくれるステージは本当に楽しみで追わずにいられません。

    今回のセットリストは武道館の2011年Mary Roseに通じるなって
    初日の感想から書いてたんですけど、あのときも武道館で2日間!?すごいな!って思ってて。
    年々ゆかりんのライブがあることが当たり前みたいに感じてしまってるけど、
    そんなことぜんぜんなくて、ゆかりんがいっぱい頑張ってキラキラしてくださってるおかげだし、
    大人のかたたちのいろんなことがすてきに向かった結果であって、
    全部のうれしい軌跡をいっこずつ大事に大事に応援したいなって改めて思いました。
    ゆかりんは、中々信じてくれないけど、何回だってずっとずっとだいすきって言いたいし、
    ゆかりんがどう思ってもわたしは応援したくてお祝いしたくてだいすきでいたくて、
    それをゆかりんがときどきでもちょっとでもパワーだなって思ってくれたら、
    こんなに嬉しくてファン冥利に尽きることはないです。

    私にはありがたいことにゆかりんのおかげで出会えた大事な友達がたくさんいるんですけど、
    みんながずっとずっとゆかりんのとりこで(笑)ずっと応援しているのはこういう彼女だからこそ。
    いつものたのしくわらいとばしてくれるゆかりんだって、ぜんぜんわかるよ、と思うのですが。
    でもでもほんとうにすごくすごくうれしかったです。
    これからもよろしくさせてやってください><と
    改めて思ったほんとうに大事な2日間でした。
    ゆかりんありがとう。

    あー書いててはずかしくなってきたしなみだでてきたし!
    最後まで読んでる人いたらすごいです!笑
    また9月に!横アリで!!><

    ライブで歌った真涼キャラソン収録巻。

    0

      0
        • 2016.02.16 Tuesday 
        • Category:-
        • -
        • -
        • Written by スポンサードリンク

        Comment

        コメントする








           

        Track back

        この記事のトラックバックURL